空室が多くて困っている | 東京・埼玉の賃貸管理会社ハウス・トゥ・ハウス管理センターが賃貸経営に関するご相談を解決します。

サービスメニュー

賃貸経営に関するご相談

オーナー様のお悩み

以前は入居率が高かったのですが、最近では空部屋の数が増えてしまいました。内見の回数も減ってきています。
家賃を下げて募集することも考えるのですが、現在の家賃で契約している入居者への影響が気になります。
人気の高い部屋にリフォームをするなどして、早急に空部屋をなくしたいです。

1.空部屋が増えており、さらに内見者数が減少している 2.家賃を下げて募集したいが既存入居者への影響が心配 3.入居者ニーズが知りたい

ハウス・トゥ・ハウス管理センターの解決策 最適な条件の設定と資産価値を高めるリフォームを!

空室の多さや内見者数の減少には必ず原因があります。
ひとつひとつ現状確認をしながら問題を解決していきましょう。
経験豊富なスタッフがオーナー様に適した解決策をご提案いたします。

サービスの流れ

  • STEP1:家賃査定 現在はインターネットであらゆるお部屋情報を調べることが可能です。お部屋をお探しの方は多数の物件を比
    較しているため、募集賃料が2~3,000円高いだけで興味が薄れ、空室率に影響を与えることもあります。
    ハウス・トゥ・ハウスは東京北部No.1の仲介実績により得た立地や環境、周辺物件の情報に基づく最適な賃
    料を査定し、早期成約に向けたアドバイスをいたします。
    また、賃料を下げる場合には、既存入居者への配慮も含めあらゆるリスクを想定したご提案を行います。
    ↓
  • STEP2:募集方法 どんなに良い物件でもお部屋をお探しの方の目に触れる機会が少なければ意味がありません。現在、お部屋
    探しでインターネットを活用する方は約8割と言われています。ハウス・トゥ・ハウスは多くの不動産ポータルサ
    イトへの情報掲載、自社WEBサイトの社内運用など、オンラインでの積極的な情報展開を行っております。
    また、協力不動産仲介会社様とのネットワークにより、幅広く物件情報を公開しています。
     
    入居者募集
    ↓
  • STEP3:外観・共用部 お部屋をお探しの方の第一印象として、物件の外観や共用部は非常に重要な要素です。
    清潔感があり整頓されているかどうか、築年数が古い物件であれば外観の老朽化や設備の故障、セキュリ
    ティ面の不安はないかなど、判断基準として外見は極めて重大な要因となっています。
    共用部にチラシが散乱していたり私物が置かれていたりしないよう、定期的な巡回や清掃が必要です。
     
    清掃業務
    ↓
  • STEP4:室内 水周りや収納など、現在賃貸物件に求められる条件は多様化しています。
    ハウス・トゥ・ハウスは仲介営業店舗との連携により常に最新のお客様ニーズを把握していますので、立地や
    環境、周辺物件の情報を基に、最適なリフォームプランを提案いたします。資産価値を高めるリフォーム(リノ
    ベーション)を行うことで、空室の改善はもちろんのこと、収益率もアップします。
    ハウス・トゥ・ハウスは社内にリフォーム部門を設けているため、低コストでスピーディーな施工が可能です。
    大規模なリフォームは時間と費用がかかるとお考えのオーナー様も、ぜひ一度ご検討ください。
     
    ピカリフォーム

1.募集から管理・リフォームまでワンストップサービスをご提供します 2.面倒な手続きはありません。すべてサポートいたします。 3.無料で最適な賃料を提案いたします。

その他の賃貸経営に関するご相談→

管理センターニュース:現場からの最新情報をお届けします

RSS

記事一覧

  • よくあるご質問
  • 東京・埼玉のお部屋さがしなら「ハウス・トゥ・ハウス」
  • ピカリフォーム
  • ヴェージュシリーズ総合サイト
  •